大型家電を運ぶコツ|手間なく引越しをするコツ|新しい街へ繰り出そう

大型家電を運ぶコツ

冷蔵庫

計画的に準備すること

引っ越し作業は計画的に進めることが大切です。無計画にすると労力もお金もムダになることが多いからです。大変なのが細かい荷物の梱包作業です。梱包は、いざとなるとやる気がでないものです。引っ越しが決まったら、出来る事からコツコツやっておくと楽です。冷蔵庫や洗濯機などの大きめの生活家電の場合は、梱包は不要です。ただし、事前にコンセントを抜き、水抜きをしておく必要があります。冷蔵庫の冷凍室内に霜が残っている状態だと運べなくなります。冬は霜が落ちにくいので、2日以上前からコンセントを抜いておく必要があります。冷蔵庫の中の食料品は、引っ越し当日までに使い切っておくのが理想的です。溶けやすい冷凍品は早めに使いきっておくことが大切です。

大型荷物のプランもある

引っ越し当日までに食料品を使いきれなかった場合は、クーラーボックスに入れておくと安心です。引っ越し業者によっては、保冷剤入りの発泡スチロールを用意してくれます。その辺は利用する業者によって違うので、事前に確認しておくことをお勧めします。小さな荷物だけマイカーで自力で運び、大きな家電・家具だけ引っ越し業者を利用するという手もあります。業者によっては、「大型家電プラン」や「家具だけプラン」などがあります。そういうプランを利用すれば、冷蔵庫や洗濯機などの大型の家電だけ業者に運んでもらえます。当然すべての荷物を運んでもらうよりも安いプランです。近距離引っ越しや、単身での引っ越しの時に利用すると便利です。